CSR特講2018 ESGトレンド丸わかり!
外部評価向上レポート作りの極意など、知りたい情報満載!

ttl_2018_fn
当初、10月25日(木)の申し込み締め切りと告知しておりましたが、参加申込が定員に達したため、受付は終了させていただきました。誠に申し訳ございません。
多数のご応募ありがとうございました。
ご応募いただきました皆さまとは会場でお会いできるのを楽しみにしております。

数多くのESG、CSR関係のセミナーがあるなかで「このセミナーだけは外せない」とご好評いただいているCSR特講、今年は11月1日(木)に秋葉原で開催です!

昨今、環境省による環境報告ガイドライン改定、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)最終報告書への対応など、CSRを取り巻く環境は急速に変化しています。企業ご担当者は、求められる取り組みを推進するため経営層をいかにその気にさせるか、外部からどのように高評価を得るかについて悩んでおられます。

そこで第8回CSR特講では、まず前半で、ESG報告の変化の中で理解すべき最新トレンドや、経営層の意識を改革する研修ポイントについて解説。後半では、レポート発行に際して「やっているのに伝わらない」状況に陥らないよう、ESG外部評価向上にも直結する「分かりやすくて伝わるレポート」の作り方を現場目線でお話します。

セミナー概要

日時 2018年11月1日(木)13:00~16:30(開場 : 12:30)
会場 秋葉原コンベンションホール 2階 map
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル
募集人数 300名
参加費 無料
主催 サスティービー・コミュニケーションズ株式会社
株式会社サステナビリティ会計事務所
お問い合わせ サスティービー・コミュニケーションズ株式会社
TEL: 03-3288-5535
E-mail: seminar2018@sustb.com
担当:松山・小川
※同業者のお申し込みはご遠慮ください。

プログラム

13:00 主催者あいさつ
13:10(70分) 【基調講演】ESG報告の最新動向2018
上智大学 名誉教授 上妻 義直 氏
持続可能な社会に適応できる企業だけが持続的に成長する世の中では、企業の適応能力を示すESG報告に投資家の関心が集まります。
この1年間でESG報告にどのようなトレンドの変化があったのか、その中で理解すべき情報は何かについて、TCFD対応、環境報告ガイドラインの改定内容、バリューチェーン対策などを中心に解説します。
14:20(50分) 秘伝:上層部をその気にさせる「ESG、SDGs研修コンテンツ」
SusTB/SusA 代表取締役 福島 隆史
役員研修講師を数多く担当してきたコンサルタントが、その経験にて練り上げ凝縮した秘伝の研修資料を伝授!
CSR、ESG、SDGsを50分で理解、さらに危機感を持っていただき一気に取り組み加速に導く役員向け研修コンテンツのポイントをお話します。
休憩(10分)
15:20(20分) 「思ったようなデザインが上がってこない」の解決方法
SusTB アートディレクター 藤野 立来
CSRレポートご担当者が一度は抱いたお悩みといえば「思ったようなデザインが上がってこない」ということではないでしょうか。
そんなお悩みの解決方法をデザイナー目線で分かりやすくお話しします。
15:40(30分) 外部評価を高め、企業価値向上につなげるレポーティングのコツ
SusTB/SusA シニアコンサルタント 黒澤 亮輔
FTSEやMSCIなど、公開情報に基づき企業を評価する傾向がますます強まっています。
国内外の事例を交え、ESG評価を高め企業価値向上につながる情報開示、レポートへのまとめ方を徹底解説します!
16:10(20分) 質疑応答/総括
上妻 義直氏 福島 隆史 藤野 立来 黒澤 亮輔
講師プロフィール
16:30 閉会